家計の見直し

  1. HOME > 家計の見直し

家計はリンゴと同じ

リンゴをかじるとどうなりますか?


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



りんごをかじると、その部分が欠けて、かじった分だけ小さくなりますね。
これを家計にたとえると、見直しをした分だけ、小さくなって負担が軽くなりますね。

りんごと同じように軽くなった家計なら、その分住宅ローンの負担を軽く出来ます。
ローンは30年とか35年という非常に長い期間のことですから、その影響はあとになればなるほど、“おお~きく、おお~きく”なって現れてきます。

これから住まいを購入されてローンを組まれる方にとって、家計の見直しは非常に大切なことです。

目標は月1万円の家計見直しです

『月々1万円の家計の節約』は、意外に可能と思われるカップルの方が多いのではないでしょうか?
もしあなたがそうお考えなら、即、以下のことを実行してみてください。出来れば、ローンと家計と保険を一緒に再設計されることをお勧めします。

月々1万円の違いは、30年後のあなたのキャッシュフロー(貯蓄残高)を500万円変化させます。
さらにこの1万円を月々のローン返済にまわして、ローンの返済期間を短縮することも出来ます。たとえば35年から30年に短縮します。

こうすれば、家計の500万のほかに金利負担が2~300万円変わります。さらに保険などの見直しを実行すれば、人生のキャッシュフロー(貯蓄残高)はもっと大きくかわってきます。

※月々1万円を貯蓄して30年間、利率3%で運用すると約500万円になります

この低金利時代に、トータルで1500万円以上も銀行に金利を払ったり、高すぎる保険料を払い続けることを、見直してみませんか?
低金利でも、教育費用は上がり続け、年金・老後・医療が不安定な今だからこそ、これから住まいを購入されるお客様に、具体的にご検討されることをお勧めします。

家計の節約:やった方がいいことやってはいけないこと

できそうで出来ない事

  • ・コンセントをこまめに抜いて水道光熱費を節約する。
  • ・アイドリングストップと急発進をさけて、ガソリンを節約する。
  • ・小遣い、付き合いを減らす。
  • ・住宅購入後の、自己資金の投資運用。
  • ・外食をたまには中食にする

意外とすぐに出来ること

  • エアコン代の節約子どもが部屋にこもりやすい間取りは避けましょう。真夏のエアコン代が跳ね上がりがちです。教育上もよろしくないですね。
  • ・携帯電話料金の見直し
  • ・(おもに戸建の場合)地デジを見る為に有線ケーブルをアンテナにする。アンテナ受信が出来るエリアなら10万円くらいの費用差になることもあります。
  • ・超省エネエアコン、売電の検討